リオでは起こってはいけないことが起こってしまうみたいです。

リオでの五輪は、会場が間に合うのかとか、治安が悪いのだとかいろいろな噂が流れていたのですが、いざ始まって見ると、何も問題がないように思っていました。
しかししかし、リオが決まってからの五輪の入り方が悪いと何かが起こるようになっているようで、事故と呼ばれてしまうことがありました。
なんと、メイン会場の照明が落下して7人がケガをしたと言うのです。
完全なる事故であり、起きてはいけない事故が起こってしまったのです。
カメラは幅2mもある大きなもので、なんと20m上から落下したとされています。
不具合が見つかり点検しているところで、ワイヤが切れて落ちてしまったと言うのですが、安全管理が出来ていないと思われても仕方がないですね。
その他にも、信じられないことですが、なんとプールの水が緑色になる事件がありました。
プールの色はそのうち戻ると言うことで放置?されることになりましたが、薬の量が少ない為に起こったと言うのですが、本当にそうなのかどうかが分からないのが怖いところです。
プールに藻が大量に繁殖し、緑の色が濃くなってしまうらしいのですが、なんと匂いもあり入りたくないと言う選手もいたのです。
こうした事例は今までにないのに、リオではあり得るかもしれないと思ってしまうのが怖いところです。
国が代表して作っている五輪で、何故そのようなことが起こるのか、その点は不思議過ぎて仕方がないと思いますね。
もし東京五輪でこのようなことがあるのかと聞かれれば、まず起こることはないと言うでしょう。
安全な環境も国が守るべき事項の一つだと思いますね。脂肪と基礎代謝