お金はそれなりにかかったがDTMをはじめた

趣味でDTMを始めました。DTMというのはデスクトップミュージックの略で、パソコンを使って机の上で音楽をすることを言います。いまの音楽制作スタイルの王道ですね。前々から興味はあったのですが機材を買うのにそれなりにお金がかかりますからなかなか始められずにいたんです。ですが、思い切って買ってしまいました。DAWをです。DTMを始めようと思ったときにまず一番最初に必要になってくるのがDAWというソフトウェアです。これでメロディーを記録したりオーディオデータを扱ったりします。これがないと始まりません。さらにソフトシンセ一式がまとまって入っているパックを購入しました。ソフトシンセと聞くと、あたまにハテナが浮かぶ人も多いかも知れません。シンセってハードウェアでしょ?と。ですが、最近はそのシンセもソフトウェア化されているんです。往年の名機をシミュレートしたものからオリジナルのものまで様々なタイプがでています。もちろんエフェクターなどもソフトウェアで大量に出ています。こういうのを使ってコンパクトに音楽制作ができるのが最近のメリットのようですね。ノートブックひとつでちゃちゃっと音楽制作ができてしまいますからね。忘れてしまうところでしたが、これらに加えてオーディオインターフェースというのも購入しています。これがあると外部からの音を録音できたり色々とメリットも大きいんです。ここまでの機材を購入したのだから、早くきちんとした曲を作れるようになりたいなと思うのですが、それはまだまだ先になりそうです。
ピュアメイジングの口コミ・効果は?40代主婦の本音レビュー